美肌成分として知られるコラーゲンは、人間の体内のタンパク質のおよそ3分の1を占める成分で、肌質の向上、健康維持に欠かせない成分です。

コラーゲンの摂取量を増やすには、化粧水や美容液を使ってスキンケアで補う方法、美容ドリンクやサプリメントで摂取する方法のほか、食材選びに工夫して食事での摂取量を増やす方法もあります。

コラーゲン含有のスキンケア用品には、資生堂をはじめとする老舗の化粧品メーカーの商品ほか、ニッピコラーゲンなどコラーゲンの研究開発の実績を持つ企業が開発した商品もあります。

幅広い選択肢のなかから、自分の肌質の合うスキンケア用品を選ぶため、サンプル品なども上手に利用しながら選びましょう。美容ドリンクでコラーゲンを摂取する際には、糖質量にも注意することが必要です。

甘い味付けで飲みやすく仕上げてある美容ドリンクは、1本あたりに含まれている糖質量は微量であっても、複数本をまとめて飲んでしまうと、糖質過多につながることもあります。糖質の摂り過ぎによる肌の糖化を防ぐためにも、摂取目安量を守って飲むようにして下さいね。食事でコラーゲンを摂取したい時におすすめの食材が、鶏肉です。

鶏肉の皮の部分に良質なコラーゲンが含まれているため、皮つきのむね肉、もも肉、手羽を選ぶと良いでしょう。精肉店などでは、鶏皮のみを安く販売しているところもあります。

鶏皮のみを手軽に調理したい時には、塩、胡椒を振った鶏皮をフライパンで熱して、カリカリになるまで焼き上げる方法がおすすめです。そのままおつまみとして食べたり、サラダや和え物のトッピングにしたり、と色んなアレンジで楽しめます。

コラーゲンが豊富なゼラチンは、ゼリーやババロアといったスイーツ作りによく使われますが、食事作りにも活用できます。醤油やぽん酢などの調味料をゼラチンで固めてから崩したクラッシュゼリーを前菜やサラダに添えると、おしゃれに美味しくコラーゲンが摂取できます。